読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

約1.5万で買えるフルHDディスプレイ 『Acer S235HLbii 』の購入とプチレビュー


独特なデザインが特徴なAcerのSシリーズの新型を購入してみました。



スペック

ディスプレイ:23インチ、ノングレアTNディスプレイ
解像度:1920x1080 FHD
応答速度:5ms
コントラスト比:1000:1
感度:250cd/m2
消費電力:26W
入力端子:HDMI1.3 x2、D-Sub 15pin x1
価格:14,500円〜(2012年8月7日現在。価格変動する場合有。)
※13/2/13追記:とっくの昔に生産が終わっており、現在は縁が細くなったものが現行モデルとして販売されています。


ファーストインプレッション



LEDバックライトを採用しているので、以前使っていたCCFLのものと比べるととても薄いです。




台座部分。
電源ボタンの横にはLEDがついており、信号入力時が青、待機時がオレンジ、といった具合に光ります。
各種ボタンはデザインを重点に置かれているためか押しにくいです。

この台座部分や画面の周りの縁はピアノブラックのように艶があり上品な雰囲気を醸しだしていますが、指紋やほこりがかなり目立ちます。
また傷も目立ちやすい(つきやすい)ため、例えば、ほこりを拭き取るといったことでも傷がついてしまいます。予めコーティングをしておくと良いかもしれません。


台座部分にある「MENU」を押すと、メニューが開きます。
一番に表示される画面では、明るさやコントラスト、色温度といった画質調整



次にOSD(On Screen Display、この設定画面全体のことを指します)



また次に、表示モードや入力切り替え(VGA/HDMI1/HDMI2)、言語設定



最後では現在入力中の解像度やリフレッシュレート、端子が確認できます。



台座部分の一番左にある「e」ボタンを押すとこのような画面が出てきます。
暗い部屋で使用する場合は明るさやコントラストをゼロにしたユーザー設定を
逆に明るい部屋で使用する場合は、それ以外のプロファイルを選択することで簡単に画面の明るさ等を切り替えることが可能です。


最初はあまり使用していなかったのですが、いざ使ってみると便利な機能ですね。



最後に
以上で軽い触りは終わりです。お疲れ様でした。現在こちらのディスプレイの購入をご検討中の方の参考になれば幸いです。
コメントいただければ分かる範囲でお答えいたしますのでお気軽にどうぞ。




価格が安くて、デザインも独特で、何より前のディスプレイよりも画質の向上が実感できましたので非常に満足です。LEDバックライトなので、末永く使っていけそうな気がします。